ワイヤーツール

ドアの下部にあるごくわずかなスペース”水抜穴”から針金のようなツールを挿入して内張りを剥がさずに凹みにアプローチします。

ワイヤーツールはもちろん操作が難しいツールです、それに加え姿勢の維持や集中力の持続も大変な高度な練習です、簡単なところに出来た簡単な凹みから始まった練習も日々の向上するスキルに合わせてどんどん難易度を上げていきワイヤーツールを操れる様になって来ました。

当校のトレーニングは卒業した翌日からプロとして活躍出来るスキルまでここ様にステップアップさせていきます。
今、スクールには、20代、30代、50代の年齢も経歴も違う受講生の皆さんがいらっしゃいます。

皆さん全くのゼロからプロとして活躍出来るまでお付き合いさせていただいています。



ステップアップ

バッチリですね。
軽い助言だけで、ほぼ全て自身のアイデアと工夫で学んで来たことを組み合わせ、完成されました(^-^)
ここから更に見直しをして課題を明確にし、次のステージに活かしていきます。

 

コミュニケーションの必要性

今日の休憩時間はピザ🍕を差し入れ~☺️
コミュニケーションの時間はテクニックの悩みを切り替えて愉しむ時間!
これはとても重要な事なんです🎵 『愉しみながら良い仕事』このモットーを再現できるトップクラスの職人さん目指すすカリキュラムと環境が当校にはあります。
皆さん一通りデントリペアを再現出来るように成ってきましたがまだまだ序盤戦です。
これからどんどん面白く(苦しく🎶)なってきますよ、楽しみにしてくださいね😃


デントハリマ、小山さん

スクールでは皆さん今日も基本にたっぷり時間をかけて大切な土台造りをしています。
講習では、一人一人の個性に合ったメニューを作りゼロからプロとしての技術や経営者として活躍していただけるノウハウを長年の経験と実績から、当校独自の方法でお伝えしております。

午後からは兵庫県加古川市を拠点に大活躍されている『株式会社デント・ハリマ』の代表、小山さんも遊びに訪れて下さいました。
異業種からデントリペアの道に進まれて大成功を納めた先輩の体験談や経験則はこれからビジネスを開始する皆さんにとってとても大切な事ですね。 皆さんにとってのビジネスプランにも大いに参考になったと思います

大きな凹みの講習

大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
ほんの少し前までデントリペアという技術は小さな500円玉までの凹み専門のテクニックで、大きな凹み、プレスラインやアルミパネルの凹みには対応できない、もしくは相当なキャリアのある一部の職人のみが可能とする領域の修復であるという認識が技術者の中でも一般的でした。

当校では徹底した技術指導でなんと受講中にすべてのリペアを達成して頂くようにしております。

当校は業界で初めてデントリペアスクールでプレスラインやビックデント、プーリング講習を取り入れるなど高度な講習を10年以上前から行っています。
大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
ビックデント修復は当スクールのカリキュラム中では締めくくりの最終課題です。

今まで学んだことを出し切れば必ず結果が出ます。


大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール
大きな凹みの講習 | 日本デントショップスクール

“大きな凹みの講習” の続きを読む

台風一過

超大型台風の直撃に見舞われた大阪府堺市ですが、スクール建物、スタッフ、受講生の皆様の地元などに幸いにも被害はなく翌日より講習を通常通り開校させていただいております。

また沢山の方からのご心配のお言葉、本当にありがとうございます。

この度の台風災害により被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

スクールでは出来る限り受講生の皆様に負担のない環境を作り練習に集中していただける様にさせていただいております。

台風一過  | 日本デントショップスクール
“台風一過” の続きを読む